試験的にメールフォームを設置しました。 フォームへ移動

テクターを雑に紹介する(実戦編)

この記事を書いている自分が雑な可能性があるので、何か変な所があったらこっそり教えてください…

下準備編はこちら

あわせて読みたい
テクターを雑に紹介する(下準備編)
テクターを雑に紹介する(下準備編)自分の立ち回りに問題があるかどうかを確かめる意味も含めて、Teのあれこれを備忘録的にまとめてみたいと思います。実戦編はこちらhttps://www.kimachuu.shop/?p=1495【...
目次

クエスト中でのあれこれ

覚えている範囲で色々まとめてみます。重要な事を平然と書き忘れるかもしれません。

支援テクニック

・シフタ、デバンド
クエスト開始前のテレポーター待機中にまずはコレ。仲間全員に3分シフデバをかけてあげましょう。ただし片方がかかりきる前に別のテクニックを使うと効果時間が中途半端になってしまうので、4Hitしたのを確認してから次のテクニックを使うようにしましょう。慣れないうちはクエスト中にPT外にシフデバをかけ直すのが難しく感じるかと思いますが、皆がボスと戦う為に一カ所に集まっている時などかけ直すチャンスは沢山あるので、何度も実戦経験を積んで仲間が一カ所に集まるタイミングを覚えると、よりスムーズに戦う事が出来るようになると思います。可能であればイクルシオクルテを一個はSPコレクトで入手して、シフデバにかかる時間そのものを短縮したいところです。

・ゾンディール
今でこそ遠くからレ・ザンディアを撃ち続けてその間に仲間に殲滅してもらう方が楽な環境ではありますが、PPに自信が無かったりヘヴィハン移動から素早く敵を集めたい時など手癖によるフォローが可能な集敵テクニックです。ザコを一カ所に集めて殴るのは単純に爽快なので、一人で遊んでいる時でもいいので一度は試して欲しいですね。ただし吸引力だけはレ・ザンディアの方が強いので、ゾンディで吸いきれない重量のある敵の種類を頭に叩き込めるとグッドです。

・ザンバース
未カスタムだと思わずその時間で普通に殴りたくなりますが、集中カスタムをする事によって無くてはならない存在にまで変わるので、これを切らさず展開し続けるくらいの気持ちを持つと誰からも頼られるTeになれるかもしれません。と言ってもザンバースは使用後一定時間持続するので連打する必要は無く、展開後一定時間は自分自身も殴りに参加する事が出来るので過剰連打で不審がられないようにしましょう。ザンバースが消えそうになった時は「通常攻撃1段目→ザンバース→通常攻撃3段目」によって威力の低い通常攻撃2段目を意識的にスキップすると良さ気ですが、乱戦の中で意識するのは難しいので最初のうちは出来たら嬉しい程度に思いましょう。また仲間の火力が高すぎるとザンバースの追撃ダメージでヘイトを持っていってしまうケースがあるので、ヘイトを持った時は敵を変な場所に釣らないようにする立ち回りも同時に試されます。

・レスタ
サブHuだとチャージ時間の遅さが気になりますが、仲間を助ける時は何だかんだこれです。ただしザンバース展開中にレスタを使うとザンバースが消えてしまう仕様があるので、皆がボスの弱点を一気に攻撃している時などは「ザンバース→スターアトマイザー」といった具合に使い分けられると全体火力を維持したまま支援が出来るので覚えておいて損はありません。何にしても仲間のHPゲージを頭上表示するのだけは忘れないようにしましょう。補助は他人にかけられます。

・アンティ
味方の状態異常を治す上で一番大変なのが乱戦時に状況を把握しにくくなる事。そこでソルアトマイザーをサブパレットにセットする事によってソルアトが光っている時は近くに状態異常にかかっている人がいる事を大雑把に認識する事が出来ます。ただしソルアトは治療不可能なスタンにも反応してしまうので、スタン攻撃を使ってくる敵がそれっぽい動きをした時は騙されないように注意しましょう。集中カスタムの時はソルアトが光ったらチャージアンティ、効率カスタムの時は通りすがりにチャージ無しアンティを使う癖を付けるとTeがより一層楽しくなるはずです。

・メギバース
集中カスタムが大前提となりますが皆を殴らせながら回復させる事が可能になる為、オルーサーの範囲沼攻撃が近付いた時に使うと即死でもしない限りは皆がオルーサーを地上で殴り続ける事が可能となり、局所的ながら役に立つ事があります。ただし他にTeがいないとザンバースを重ねる事が出来ないという問題もあるので、周りのクラス状況や動きそのものを見て片方がどちらかの行動をしたら自分がもう片方の行動を出来るようになれるといいでしょう。

・レ・ザンディア
とても重い消費PPとそれに見合った集敵機能が魅力的な略式複合テクニックです。Te/Phをやる場合はPPが200以上になるように防具側でPPを調整している事が多いと思うので、敵の大群を見つけたら火力は仲間に丸投げするくらいの気持ちで連打してみましょう。あくまでも集敵機能に優れたテクニックなので、自身が出せる威力には期待しないように注意です。

・状態異常ガンスラ+状態異常率が高いテクニック
最近だとディバイドクエストのカニボスを燃やすのにとても便利で、背面部位を破壊した後に広域カスタムしたラ・フォイエを何度か当てると運が良ければ大ダウンを狙う事が出来ます。その間火力は仲間に丸投げする事になるので、必然的にヘイトが剥がれる事から比較的安全に当てられるのも高ポイントですね。

攻撃手段

・通常攻撃
殴りTeにおける基本的な攻撃手段で、現環境では高速移動手段が増えた事によって各段に使いやすくなっていると思います。対カカシDPSが高いと言われているヘヴィーハンマー1段チャージより優れている点は攻撃から素早く補助に繋げる事が可能なところで、他人を見る事が好きな人にとっては通常攻撃の方が使いやすいかもしれません。サンバースの項でも説明しましたが通常攻撃2段目が一番威力が低いので「通常攻撃1段目→ザンバース→通常攻撃3段目」で意識的に通常攻撃2段目をスキップ出来ると火力向上に繋がります。法撃爆発の最終出力属性は打撃になるので、例え法撃重視のビルドをしていても通常攻撃でアンガに付く耐性はウォンドとなる点に注意しましょう。

・ヘヴィーハンマー
どちらかと言えばチャージ無しでスーパーアーマーを付けながら強引に移動する時に使われる事が多く、2段階チャージに至っては敵に攻撃が当たらない間にチャージして戻ってきた時に放つという通称出待ちPAの類に分類されると思います。ザンバースも使わずにチャージばかりしていると確実に冷ややかな目で見られるので、せめてボスがダウンした時にザンバースを使ってから1段階チャージを当てる気持ちで使う方がマシかもしれません。サブPhの場合は事前にスパアマを付加してから複合テクニックの詠唱を確実に行う為に使われる事もあります。

・各種攻撃テクニック(サブPh)
マスタリースキルの関係上特に光と闇が重視され、エレメントウィークヒットの影響も受けるのでFo/Et程のポテンシャルを発揮する事は不可能ですが、詠唱時間の短さによってあると何かと便利な場面が多いです。一度は法撃砲台用スティルを作って色々試してみたいものですが、モジュールが圧倒的に足りません…

いかに自分を使い仲間を使うか

・頭上にHPバーを表示
まずはこれが無いとどこで仲間にレスタをかけていいのか分かりません。仲間との距離を大雑把に把握する上でも頭上表示はとても大切なので、Teをやらない時でも表示する事をオススメします。シフデバ→レスタ時にEt、サブEtは体力が回復しきらないので、クエスト開始前の全体把握にも使う事が出来ます。

・4人用クエストにおけるパーティーメーカーの設置
特に黒竜において役立つのがパーティーメーカーで、自分の好きなタイミングでシフデバを全体にかける事が出来るのと、黒竜ダウン時にザンバースと攻撃に専念出来る為、非常に有用性が高いです。設置したら度胸を出して白チャで一声かけてみるのもいいかもしれませんね。

・大きなチャンスを作れそうな時は自身の火力を捨ててでも支援行動をする
ディバイドのカニボスを燃やす、敵の大群をレ・ザンディアでまとめる等、仲間に火力を丸投げする方が結果的に素早くクエストを終わらせる事が出来る場面は沢山あるので、支援クラスのあれこれを自問自答しながら適切に行動が出来るようになるとイケメン度が高くなります。

・マルチで嫌われる行動を大雑把には把握しておく
少し前の雨風だとアンガに開幕イルグラ連打で即光耐性がそれにあたります(気にする程硬いアンガでは無いけど一応マルチの場ではあるので…)。Teは周りの火力次第でザンバースでヘイトを持っていってしまう事があるクラスなので、ヘイトを持った時に事前相談無しで明後日の方向に敵を移動させてしまうととてもめんどくさい事になります。FFXIVでは無いですけどある程度のタンク意識があると「どこに敵を誘導すると皆が戦いやすいか」が次第に分かるようになるかもしれません。

Teで現行エキスパを取るにあたって

それでも自分の火力が気になる気持ちはきっとあると思うので、S4短杖強打付きイクスまで用意出来たらマザー&デウスで自分の火力を試してみるのも一興です。Te/HuでS評価を取る時に必要なのは倍率面での火力の下積みと集中ザンバースを不自由無く使える技術で、何だかんだで試されるのは基礎の立ち回りの方だったりします。リバレイトウォンドまで作れたらUHのS評価狙いをやるだけやってみましょう。取れなくても恥ずべき事では無いですが、基礎がしっかりしていればサブHuでも取れるはずです。

最後に

ここまで読んでくださった方に感謝すると同時に、自分で変な事を言っている事に気付いていない可能性があるので、何か変な所がありましたら教えてください、切実に…(ただしコメントは名前とメアドが必須の模様)

小春のアイコン画像小春
昔、頑張ってTeをしていたらGJで褒められた事があったのはとても嬉しかったです♪ そういう意味ではちょっと強いくらいの敵が来てくれるほうが嬉しい気持ちもありますね。

T・ハイドフェルドのアイコン画像T・ハイドフェルド
誰かに頼られる事が大きなモチベになるのは分かるが、無茶し過ぎねーようにな。それで疲れちまう事もあるんだから、適度な休憩も大事だぜ。

この記事を書いた人

PSO2はShip03で活動しています。
メイン職はTeで他人の動きを見ながら最適な支援をお届けするのが楽しくて今に至っています。申し訳程度に現行エキスパは取っていますが、一人で個人の戦闘力を求めるよりも全体が快適に動ける立ち回りを考えるのが好きです。

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる